入院日額の日数は? - 日本で一番安い生命保険

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院日額の日数は?

保険会社では入院日数を60日、120日、180日、365日・・・といろんな条件での契約を用意しています。

日数が多くなればなる程保険料は高くなるわけですが、アベノミクスの効果がいまいちの現状では月々の出費が家計を圧迫します。

適正な入院日数で保険加入するために平均入院日数をみてみましょう。


<年代別:直近の入院時の入院日数>
キャプチャ
※生命保険文化センター「生活保障に関する調査」/平成22年度

意外にも入院日数は高齢化するにしたがってもさほど長期化する傾向がみられませんね。

ただし7日以内の入院割合が30代で49%でしたが、60代では21.6%まで下がっています。


<主な傷病別の在院日数>
キャプチャ
総務省統計局 平成20年患者調査 「退院患者平均在院日数,性・年齢階級 × 傷病中分類 × 手術の有無別」

病気やケガ別に平均の入院日数を見ると、精神系や脳に関する傷病は、入院期間が長期化する傾向があります。

単純に全体平均で選ぶのではなく、どの世代でのどんな傷病で入院した場合に何日まで保障したいのかをできる限り想定しておくことが重要と思われます。





スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://howbeauty.blog.fc2.com/tb.php/6-8441d376

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。