生命保険料控除って? - 日本で一番安い生命保険

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生命保険料控除って?

保険会社や共済で保険に加入している人(ネット加入の生命保険でも同様に)は

税金が安くなる生命保険料控除の対象となります。

確定申告や年末調整でしっかり申告して節税の恩恵を受けましょう!


生命保険料控除とは、支払った保険料に応じて決められた金額が1年間の所得から差し引かれ、

所得税や住民税が減額されることを言います。

平成22年度の税制改正により、平成24年1月1日以降に結んだ契約については

新制度が適用されるようになりました。
(平成23年12月31日までの契約は旧制度がそのまま適用されます)。

これまでは、死亡保障を中心とした生命保険を対象とした「一般生命保険料控除」と

個人年金保険を対象とした「個人年金保険料控除」がありましたが、

この二つにあらたに医療保険や介護関係の保険、「介護医療保険料控除」が新しく設けられました。


○平成23年12月31日まで

2.jpg


○平成24年1月1日以降

1.jpg


変更点としては、所得税の所得からの控除額が最大5万円から4万円に、

住民税が3万5000円から2万8000円に減額されました。

実質的には控除される金額が減って「増税なの?」と考えますが、

新たに介護保険料控除が新設されたので、それぞれの種類に契約があれば、

人によってはこれまで10万円だった上限が12万円に引き上げられることになります。

ただし、住民税の所得控除は所得税とは異なり、3倍の8万4000円になるわけではなく7万円で据え置かれます。


簡単に言えば、生命保険料控除が従来の「一般生命保険料控除」「個人年金保険料控除」

に加えて「介護医療保険料控除」が創設され。

これによって「医療保険」や「がん保険」「介護保険」などのいわゆる「第三分野の保険」に加入することで

生命保険料控除額を増やせるようになったと言う事です。

これは入通院など医療費等の支払事由を原因として保険金が支払われる契約の保険料。

死亡後ではなく、生存時の医療費に関係する控除というと解かりやすいでしょうか。

従来は一般生命保険料控除に含まれていましたが、

今回の改正によって異なる種類の控除として扱われるようになりました。

いろんなご相談も遠慮なく・・・・













スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://howbeauty.blog.fc2.com/tb.php/19-57ed5a56

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。