死亡保険金額はどうやって決める? - 日本で一番安い生命保険

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死亡保険金額はどうやって決める?

○必要な保障額はどのくらいなんでしょう

生命保険に入るときには、まずはじめに必要な保障額を考えます。
「必要な保障額」とは、保険をかけられているひとがなくなった場合に、
いくらの保険金を残してあげればいいかという見積もり金額のことです。

たとえば、ご主人の死亡に備えて保険に加入する場合には、ご主人が
なくなった後、奥さまやお子さんの生活にかかる費用や住宅費、
お子さんたちの教育費などの総額を計算し、どのくらいのお金が
必要になるかを考えます。

もちろん死亡保険金は、多く用意しておくにこぢたことはありません。
でも、高額の死亡保険金を残そうとすると、その分だけ支払う保険料が
高くなります。

それに、運よく(?)亡くならなかった場合は、保障料の大部分が
掛け捨てになってしまします。

必要な分の保障に保険料を払うのは当然のことですが、必要以上の
舗装に保険料を払うのはムダなことです。保障額はあまり欲ばりずぎず、
必要な分だけを用意するほうが現実的ですね。


○公的な保障制度を忘れないで

また、必要な保障額を考えるときに忘れてはならないのが、公的な保障制度です。

国民年金や厚生年金(共済年金)に加入している人が亡くなると、
「遺族年金」という国の公的保障が受けられます。

遺族年金は残された遺族が生活していくためのベースとなるお金で、
生命保険の死亡保険金とともに、遺族年金にとってはなくてはならないお金です。

つまり、死亡保障額は、ご主人(被保険者)が亡くなられたあとに必要となるお金から、
国からもらえる遺族年金、すでに蓄えている貯蓄、さらにサラリーマンの場合は
死亡退職金などを差し引いて、考えればいいでしょう。

ここで一つ忘れがちなのが亡くなったご主人の生活費です。

亡くなったわけですからご主人に係る毎月の費用は必要亡くなる訳です。

一般的には全生活費の30%と言われています。

つまり、生前月々30万円で生活できていれば

ご主人の死亡後は21万円で間に合う計算になります。

ネットでもいろいろ相談できますよ






スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://howbeauty.blog.fc2.com/tb.php/17-dc67d96e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。