生命保険はいつ加入しても一緒? - 日本で一番安い生命保険

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生命保険はいつ加入しても一緒?

○家族が増えると、死亡保険の必要度がグッと高まります。

死亡保険は「万が一のときの、残された家族のための生活保障」のために用意をするものなので、
結婚や出産というライフイベントを迎えると、必要性がグッと高まります。

逆に、扶養家族がいない独身のうちは、死亡保険は必要ないといえるかもしれません。
死亡整理金などの葬儀代を最低限用意ができれば、問題ないと言えるでしょう。


○少しでも保険料を抑えたいなら、若いうちに・・・

保険は必要がなければ焦って入るものではありませんが、もし結婚して配偶者を養っていたり、
お子さんが生まれて家族が増えたという場合には、少しでも若いうちに加入しておくことに損はありません。

なぜなら、保険料は、契約時の年齢で計算されるので、同じ保障内容でも契約年齢が若ければ若いほど、
保険料は安いのです。

また、終身型が主流の医療保険の場合は、若いときの保険料で保障が一生変わらないことを考えると、
早めに医療保険に加入しておくことのメリットは大きいと言えます。


○保険に入ることを決めたら、誕生日前に手続きを済ませましょう

一般的に生命保険は年齢が上がると、保障内容は同じでも保険料が高くなります。
特に誕生日が近い人は、年を取る前後で保険料が変わってしまいますので、加入することを決めたら、
誕生日より前に手続きを済ませることをおすすめします。


○保険は「健康」なうちに

加入にあたって、「健康状態」を問われるのが民間の保険です。
ライフネット生命では、健康診断を受けたことがない方でも、簡単な告知だけでお申し込みができるようになっていますが、それでも、病歴などによっては、加入が難しい場合があります。

年を取るごとに、病気になったりケガをしやすくなったり、良好な健康状態を維持することが大変になるので、
病気をしてから後悔をしないように、健康なうちに保険を準備しておきましょう。

まだ若いから、健康だから・・・とお思いでしょうが・・・
見積もりだけでもお早めに。







スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://howbeauty.blog.fc2.com/tb.php/15-db062f7f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。